院長ブログ

sp_btn01.png

2016.02.29更新

当院は西宮市を拠点に耳鼻咽喉科として耳と鼻の治療を行っております。

さて、皆様は耳の治療と聞いて中耳炎を連想される方も多いのではないでしょうか。
中耳炎は耳の痛みや痒みが出るのが特徴であり、症状によっては外耳炎と中耳炎の区別がつきにくい場合があります。

中耳炎の場合は、鼓膜の内側の中耳という部分に炎症が起こるのが特徴であり、耳管が成人よりも太く短いことからお子様に大変多く見受けられます。

痛みや痒みを訴えることがまだ難しいお子様は、頻繁に耳を触るため、耳を触る仕草が目立つようになったら早急に診察されることを強くお勧めいたします。
症状に合わせた治療をご提案させていただきますが、痛みがひどい場合は鼓膜切開を行う場合がございます。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2016.02.25更新

鼻づまりやくしゃみなど、普段の生活に支障が出るほどつらいものはありません。
鼻づまりなどの症状が出ると、口呼吸や頭がボーっとなってしまいます。
改善していけるようサポートしていきますので、気軽にご相談ください。

アレルギー性副鼻炎は、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が起こるため、治療には対症薬や抗アレルギー薬、レーザー治療などで改善していくようにします。
慢性副鼻炎は、色つきの鼻水が出て蓄膿症とも呼ばれます。
治療には、抗生物質の服用や副鼻腔の洗浄などを行います。
急性副鼻炎では、色と臭いのある鼻水、鼻や頬の痛みがあります。
治療としては、原因菌に効果のある抗菌薬と消炎鎮痛薬を併用しての治療となります。

西宮市方面にお住まいの方で、鼻の症状でお困りでしたらそのままにせずご来院ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2016.02.22更新

西宮市にある当院は、あきらめない治療をモットーに、患者様の症状や原因、治療方法をわかりやすく時間の許す限り説明し親身になって治療を行っております。
当院は、コミュニケーションを大事にし、小さなお子様からご年配の方々まで、安心して通院していただいております。

耳鼻咽喉科の治療は、耳や鼻、喉の不快な症状を治療いたしますが、中には全身に関わる症状などもありますので、見落とさないために専門の病院へご紹介もいたします。

小さなお子様は、急性中耳炎や滲出性中耳炎などにかかりやすく、小さなお子様は症状を訴えることができないため、耳をよく触る、大きな音に反応しないなど、異変を感じたらすぐに受診して下さい。

また、アレルギー性鼻炎でお悩みの方には、レーザー治療が効果があります。
1度、当院へご相談下さい。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2016.02.18更新

開業10年以上のキャリアを生かし、あきらめない治療をモットーに、患者様とのコミュニケーションを大切にしている耳鼻咽喉科です。

地域の方に愛され、0歳児の赤ちゃんから90歳までのお年寄りまで幅広い年齢層の方が、通って頂いています。
お子さまには、様子を見ながら、痛くない治療を心掛けています。
他院では、レントゲンだけ渡される場合も多いようですが、当院は、患者様の時間の許す限り、症状の説明を納得のいくまで、親切、丁寧に行っています。

中耳炎、突発性難聴、外耳炎、急性副鼻炎、急性喉頭炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、耳鳴り、ポリープ、メニエール病を主に取り扱っています。

耳、喉、鼻に不快な症状が現れましたら何でもご相談下さい。
最寄りのJR駅からも利便性のよい西宮市でお待ちしています。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2016.02.15更新

冬になりますと、寒さや空気の乾燥から、喉を傷めたり風邪を引いたりすることが多くなります。
春に近づくと、今度は花粉所のピークとなり鼻水が出て不快な症状に悩まされます。
辛い症状は、我慢することなく、みみ、はな、のどの専門家である当院にご相談ください。

当院は西宮市にて開院しております耳鼻科です。
患者様目線に立った治療を心がけ、丁寧、親切をモットーとしています。
小さなお子様には、待ち時間を少しでも楽しんでいただけるように、キッズルームを用意しています。
また、診察をスムーズに行い皆様の大切な時間を無駄にしないよう、予約システムを導入しています。

流れ作業的な診察はいたしません。
納得のいくまでじっくりと疑問にお答えします。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

院長ブログ Facebook とりやま耳鼻咽喉科オフィシャルサイト