院長ブログ

sp_btn01.png

2015.06.29更新

当院は、西宮市に開業して10年以上の耳鼻咽喉科です。
その間ずっとあきらめない治療をモットーに、皆様の健康のお手伝いをさせていただいてまいりました。
今の当院があるのも皆様のおかげです。
ありがとうございます。

当院は、耳や喉や鼻といった自分の目では状態を確認できない箇所の治療をする病院ですので、不安な患者様の気持ちに寄り添うことを最優先しております。
しっかりとお話を聞く事、そして納得いただけるまで病状を説明する事を大切にして治療していきます。

アレルギー性鼻炎のように季節的に症状が悪化してしまう方や、メニエール病や突発的難聴のように長期的な治療が必要な方も、当院のあきらめない治療で頑張っていらっしゃいます。
耳や鼻になにか不調を感じましたら、是非お早めに当院へご相談ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.06.22更新

西宮市にございます当院は、患者様とのコミュニケーションを大切にし、あきらめない治療をモットーとしております。

当院は0歳児から90歳のお年寄りまで幅広い年代の患者様にご来院いただいており、特に、お子様の場合には、初めは様子を見ながら痛くないように少しずつ診察をお進めいたしますのでご安心ください。

風邪の流行る季節では、急性中耳炎にかかるお子様が数多くおり、こちらの症状は、6ヶ月から2歳児によくみられる症状で、耳が痛い、発熱する、耳が聞こえづらいなどがございます。
小さなお子様は、ご自身の状態をうまく説明することができないこともありますので、お子様が耳をよく触るなど異変を感じましたら、すぐに受診してください。

気になる症状がございましたら、小さなお子様でも安心の当院にお気軽にご来院下さい。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.06.15更新

小さなお子様は、自分の痛みや不快感を上手く伝えることができません。
そんな時は、お子様の様子をよく見てあげてください。

たとえば、いつも不機嫌、よく耳を触っているなどの症状はありませんか。
もしかしたら急性中耳炎かもしれません。
急性中耳炎の症状としては、耳を痛がる、熱が出る等があります。
当院では、鼓膜をよく診察させていただきます。
急性中耳炎ですと三日ほどの治療になりますが、ひどくなった場合は鼓膜切開をします。
鼓膜切開というと、痛々しく感じますがよくなるための治療ですのでご安心ください。
もう一つ、滲出性中耳炎というものもあります。
こちらは中耳に浸出液がたまります。
痛み等があまりないため、気づくのが遅くなる場合があります。

当院は西宮市にございます。
耳の病気については当院にお任せください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.06.08更新

当院は小さなお子様からご年配の方まで、幅広い年代の方が訪れる街の耳鼻咽喉科です。
西宮市にお住まいの方が多くご来院しています。

今年はスギ花粉が多く飛散し、多くの花粉症の患者さまがいらっしゃいました。
それぞれの患者さまのつらい症状に合わせたアレルギーのお薬を処方していましたが、あくまで対処療法となってしまいます。
ご希望の方には、当院ではレーザー治療を行っています。

レーザー治療というとまだまだ先端治療というイメージがありますが、施術は熟練した医師が行います。
また小学校高学年くらいのお子さまから可能ですので、リスクは高くありません。
服薬できない方、アレルギー症状が酷い方には効果が高く、毎日の生活のレベルが向上したとの声も多くいただいております。
気になる方はどうぞお気軽にご相談ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.06.02更新

西宮市にある当院は、小さなお子様からご年配の方までと幅広い年齢層の方々が来院して下さります。
小さなお子様に対しては、始めは様子を見ながら、痛くないように少しずつ治療をすすめていきます。

小さなお子様がかかりやすいのが、急性中耳炎です。
急性中耳炎は、鼓膜の中の中耳が炎症を起こし、子どもは耳管が大人に比べて、太く短いから急性中耳炎にかかりやすいのです。

症状は、耳が痛い、発熱、聞こえづらいなどです。
お子様が普段とは違い、耳を気にして頻繁に触っているような様子が見られた場合、急性中耳炎かもしれません。
すぐに、受診して下さい。

また、中耳に滲出液が溜まる滲出性中耳炎も、子どもがかかりやすい病気です。
鼓膜が陥没したり萎縮したりします。
小さな子どもは症状を訴えることができないため、注意が必要です。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

院長ブログ Facebook とりやま耳鼻咽喉科オフィシャルサイト