院長ブログ

sp_btn01.png

2015.04.30更新

西宮市にあります当院は、おかげさまで開院から10年以上、地域の皆様の健康をお守りしてきました。
あきらめない治療をモットーに、患者さまお一人お一人とのコミュニケーションを大切に治療をすすめてまいります。

当院は、0歳の赤ちゃんから、90歳のお年寄りまで、幅広い年代の方の治療を行ってきました。
特にお子様の治療の際には、無理をせず、痛くなく安心して診察台に座ってもらえるような治療を心がけております。

また、患者さまとのコミュニケーションを大切にし、どんな症状があるのかをしっかりとお尋ねして、不快な症状の治療に努めてまいります。
治療の際は、どのような方針ですすめていくのかご納得いただけるように説明しながら治療いたします。

地域密着の安心して治療できる当院にぜひご相談ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.04.27更新

暖かくなってくると花粉症に悩まされる方が増えてきます。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状がずっと続くのは辛いものですよね。
花粉症の治療には、抗アレルギー薬、対症薬、外用薬、ステロイドを使用しますが、レーザー治療で症状を改善させることも可能です。

レーザー治療は痛そうと思う方もいるかもしれませんが、両方の鼻で10分から15分程度で終わる簡単な施術で、痛みもありません。
小学校高学年から手術が可能で、薬が効きにくい方、薬が飲めない方にも効果的な治療法ですので、アレルギー症状がひどい方におすすめしています。

当院は、患者さまとのコミュニケーションを取りながら、耳、鼻、喉の不快な症状を取り除く耳鼻咽喉科です。
西宮市にお住まいの方たちのために、あきらめない治療、を行っています。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.04.20更新

この春、大人も子供も急性副鼻腔炎にかかる方が多いようです。

急性副鼻腔炎はかぜを引いたときに細菌感染が副鼻腔に起こって発症します。
副鼻腔が急性の炎症を起こしてうみがたまり、臭いのある鼻水や頬の痛みなどの症状が発生します。
発熱は微熱程度にとどまります。
まれに副鼻腔の炎症が眼や脳にまで進行することがありますので、早期にX線診断を受けることが重要です。

治療は、鼻水を吸引して取り除き、原因菌を調べて抗菌薬と消炎薬を投薬します。

子供も大人も、寝不足やストレスで疲れをためるとかかりやすくなります。
薬とともにしっかり休養をとることが治療となります。

西宮市にお住まいの方で、鼻水の異常や痛みがある方は、当院へお越し下さい。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.04.14更新

桜前線もだんだんと北上して春本番となって参りましたが、花粉症と呼ばれるアレルギー性鼻炎でお困りの患者様が日に日に増えてきております。

春はスギ花粉が最も有名なアレルギー性鼻炎の1つですが、ひのきやカモガヤ、ヨモギなどのアレルギー性鼻炎もございます。
検査をしたことがない方は、一度、どの花粉に反応しているのか検査をすると良いでしょう。
明確にしておくことで、気を付け方も違ってきます。

アレルギー症状を抑えるために点鼻薬やお薬を服用することになりますが、薬の副作用の気になる方、薬が飲めない方、効き目のない方、症状のひどい方などには、レーザー治療をお勧めしております。
両鼻で10分から15分程度で治療は終わりますので、西宮市周辺にお住いの花粉症でお困りの患者様、お気軽に当院に来院ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.04.07更新

西宮市近郊にお住まいの方に朗報です。

今の時期でしたら花粉症などのアレルギー症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか。

当院は開業して10年の耳鼻咽喉科です。
あきらめない治療をモットーに患者さまお一人お一人とコミュニケーションを大切にして治療を行っております。
患者さまは0歳の赤ちゃんから90歳のお年寄りまで幅広い年齢層の方にご利用いただいております。
小さなお子様に関しては少しずつ、痛みが出ないよう診察を進めてまいりますのでご安心ください。

また、患者さまの中では他の医療機関で診察を受けていた方や、他の医療機関でのレントゲン写真を持ってこられる方も多くいらっしゃいます。
ご自身が納得のいく治療を受けられるよう説明してまいりますので、ご不明な点は些細なことでもお話ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

院長ブログ Facebook とりやま耳鼻咽喉科オフィシャルサイト