院長ブログ

sp_btn01.png

2015.02.26更新

耳の病気というと、外耳炎や中耳炎などがすぐに思い浮かぶかと思います。
症状としては、痛みや痒み、聞こえづらいなどがあります。
細菌やウイルスが入って感染を起こしてしまうのですが、痛みがひどい場合などは、鼓膜を切開することになってしまいます。

特に小さなお子様の場合は、訴える術がないため、普段のしぐさやテレビの音、話しかける声に反応しないなどで気づいてあげる必要があります。

その他にも、突然耳の聞こえが悪くなる突発性難聴は、早めに治療することが大切となります。
またメニエール病はめまいや吐き気を繰り返すだけでなく難聴も伴ったりします。

症状がひどくなる前に、少しでも異変を感じたらすぐに受診していただきたいと思います。西宮市の地域の方たちのために、親身になってあきらめない治療をしていきます。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.02.23更新

当院は西宮市を拠点に耳鼻咽喉科全般の診療を行い、現在に至るまで幅広い年齢層の患者様にお越しいただいております。

幅広い層の患者様がお越しになれる理由として、例えばお子様の場合は、様子をみつつ痛くないよう配慮をしながら治療をすすめていくなど年齢層に応じた診療を行っているからではないかという自負があります。
また、診察の際にはできるかぎりわかりやすく且つご納得いただけるようご説明させていただきます。

さて、当院にはアレルギー性鼻炎で通院される患者様が大勢いらっしゃいますが、アレルギー性鼻炎は花粉症が原因である場合が多々あります。

この他にもハウスダストによる症状も多く、これらに含有されるアレルゲンが鼻炎を引き起こしています。
当院で治療を行う際には症状に応じて投薬を中心とした治療を行います。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.02.17更新

西宮市にある当院は、患者様とのコミュニケーションをしっかりとり、信頼関係を築くことを大切にしています。
特にお子様とのコミュニケーションは大事に考えており、様子を見ながら痛くないように少しずつ診療していきます。

成人された患者様で、耳、鼻、喉の不快な症状をギリギリまで我慢してから、やっと来院される患者様がおられます。
「どうしてもっと早く来られなかったのですか」とお聞きすると、子供の頃に耳鼻咽喉科で、痛くて怖い思いをしたので、それから耳鼻咽喉科へ行くのが怖くなった、とおっしゃる患者様が何人もおられます。

子供の頃に染みついた恐怖心というのは、これほど強いものなのでしょう。

当院ではお子様に怖い思いをさせないように、将来のことも考えて、心身になるべく痛みを感じさせない診療を心がけております。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.02.12更新

これからの季節、花粉症に悩まされる方が増えてきます。
体質だから仕方ないと諦めるには、あまりにつらい症状が続きます。
特に大人の方は仕事も休めない中で、くしゃみ、鼻づまりに悩まされることは本当につらいものです。

今、花粉症の治療としてレーザー治療があるのをご存じでしょうか。
手術時間は両方の鼻でも15分ほどで、痛みもありません。
花粉症の治療としては専門薬の服用が一般的ですが、この薬は眠気が強く出ることで知られています。
仕事や運転など日常生活に支障が出るほど、強く出てしまう方もいらっしゃいます。
レーザー治療は、このような症状で薬が飲めない方にお勧めできる治療法です。

西宮市にお住まいの方で、毎年花粉症に悩まされている方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院へご相談ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

2015.02.03更新

当院は西宮市にお住いの方の鼻、耳、喉のかかりつけ医を目指して10年以上経つ耳鼻咽喉科です。

アレルギー性鼻炎の治療として、当院ではレーザー治療をお勧めしています。
両方の鼻の治療で10から15分の手術で終わり、痛みもありません。
小学校高学年から手術可能です。
耳の痛みや、聞こえにくいなど耳の不調を感じたら一度ご相談ください。
お子様が急な耳の痛みや発熱、また耳をよく触るなど異変がある場合は急性中耳炎の可能性があります。
声がかれて戻らない、のどに違和感や痛みがある場合はご相談ください。
大きな声をよく出す方は声帯結節やポリープの可能性があります。
また、耳の痛みがともなう喉の違和感は逆流性食道炎の可能性があります。

どのような症状も患者さんが納得いくまで、説明と治療をいたします。
一度ご相談ください。

投稿者: とりやま耳鼻咽喉科

院長ブログ Facebook とりやま耳鼻咽喉科オフィシャルサイト